包茎手術を受けたくないという男性に多いのが、手術をすると跡が残って手術をしたことがばれるのではないかといったことだと思います。

確かに昔はこういったことが原因で包茎手術を受けたくないという人も多かったのですが、今はその辺りはきちんとクリニックと相談して治療法を選べば十分にクリアすることも可能な場合が多いです。

 

包茎手術でできる手術跡に関してですが、これは受けた包茎手術の方法により多少は異なります。

包茎手術でもっとも一般的な手術法は環状切開術とよばれる手術法であり、余っている皮を切断して残っている皮を縫合して繋ぎ合わせるという手術法なのですが、この手術法だと切った部分が大きい分だけ跡が目立ってしまいます。

 

ですがそれが嫌ならできるだけ跡を目立たなくする手術法の亀頭直下埋没法を選べばいいですし、そもそも切ることすらしないナチュラルピーリング法とよばれる手術法といった選択肢まであります。

 

問題はこれらの手術法は、手術法ごとに掛かる金額が変わってくるということです。

手術跡を目立たなくする手術方法になればなるほど、技術的には高度になるために、必然的に金額が高くなってしまうのです。

 

また包茎の状態によっては、その手術法を受けることができない場合があるという問題もあります。

こういった手術方法や金額に関しては、実際にクリニックと相談してみなければ分からない部分があるのですが、相談自体は無料だというクリニックもあるので、包茎で悩んでいるのならば一度相談してみるといいでしょう。