hituyou

自分は包茎だから手術をして包茎を直さなくてはならない、というような脅迫的観念に囚われていないでしょうか?。

 

若い男性にとっては自分のプライドや後の人生にも関わってくるような大きな問題として包茎をとらえていることもあります。

しかし、手術をする前にまず考えなければならないのはあなたの包茎は手術が必要な包茎であるかどうか?、ということです。

 

包茎とは言っても、勃起時に亀頭部が露出することがない「真性包茎」、勃起時に根元がとじてしまう「カントン包茎」勃起時には亀頭が露出するが勃起時以外は亀頭が皮に隠れてしまう「仮性包茎」の三つに大きく分けることができます。

 

このうちの真性包茎とカントン包茎は他の病気を引き起こすこともあるので、基本的には手術をした方がいいのですが仮性包茎ではほとんどが手術をする必要はありません。

日本人男性のかなりの割合の人が仮性包茎であると言われていますから、包茎の手術が本当に必要であるという人はあまり多くないのが現実です。

 

しかし、それでも仮性包茎でもカッコウ悪いというので手術を希望する人も中にはいるかもしれません。

その場合には手術が必要でない仮性包茎の治療を検討すればどうでしょうか。

 

包茎の症状が軽度であったり、若い人と言うような条件はあるものの、メスで切らない手術であれば患者側のメリットも少なくありません。

切らない包茎治療を実施しているクリニックによってその方法は幾つかあるので、自分にあった方法を相談するのもいいでしょう。