meriri2

包茎というのは男性にとって永遠につきまとうコンプレックスです。

もちろん、女性との行為のときだけでなく、温泉などに行ったときにも周りの目線が気になってしまいます。とはいえ、包茎の手術はちょっと怖いと考える人もいます。

 

そんな人におススメなのが切らない包茎手術です。では、その切らない包茎手術とはどのようなものなのでしょうか。

 

実は切らない包茎手術は主に2種類あります。

一つは「ナチュラルピーリング法」というものです、この方法はメスを使って皮を切ることなく、むしろ余った皮を縫合することによって亀頭を露出させる方法です。

 

もう一つの方法は「根本部固定法」というものです。これは皮をむいた状態で医療用接着剤を使用し、固定する方法のことです。こうすることで包茎を治療します。

 

このようにどちらもメスを使って切らないで手術することができます。

では切らない包茎手術のメリット、デメリットはどのような点なのでしょうか。

メリット

まずメリットは切らない包茎手術は回復が早く、そして見た目もきれいということです。

相手に包茎の手術をしたとはわかりにくく治療することができます。

身体的にも精神的にも負担は軽くなります。また治療費も安く抑えることができます。

デメリット

とはいえ、デメリットとしてはどのような点があるのでしょうか。

それは仮性包茎の人しか治療できないということです。

真性包茎やカントン包茎の場合にはこうした手術方法は適用できないので、必ずしも皆が受けることができる治療方法ではないのです。